リリース日時
2022-09-30 00:00
ページ数
8ページ
作家さん
品番
s011akamj01266
牛タン屋を独りで切り回す伊久美ママは、若くして亭主を亡くし、熟れた躰を火照らせ、悶々と渇いた日々を送っていた。だけど今は若いお客さんが伊久美ママの疼きを分かってくれて、独り身の寂しさを癒やしてくれる。まだあの人には会いたくないよ、こんなふしだらな姿を亡夫には見せられないもの…と後悔の気持ちがあっても淫欲は昂り、孕むかもしれない交合に燃え盛る。私の子宮、あなたでいっぱいにして…と叫ぶ。
WEB SERVICE BY FANZA